「住まいの保険」における保険金をお支払した事故事例のご紹介

いくら注意しても、自然災害や不注意による事故はあるものと考えて、万全の補償で備えましょう。
ところで、現在加入されている火災保険は大丈夫でしょうか?

事故例と支払われた保険金をいくつかご紹介しますが、意外と大きな金額となり驚かれるかと思います。
火災保険にしっかりと加入していないために、以下の事例で保険金が受け取れないことを考えると・・・、心配になりますよね。

今、このページをご覧いただいた後に、このタイミングでご加入されている火災保険の保険証券などをご確認してみて下さい!
ご不明な点があれば、ご加入の保険代理店・保険会社にご相談頂くか、弊社にてご加入されていない場合でも是非お気軽に営業スタッフへ、保険証券をお手元にご用意の上、ご相談下さい。

それでは、事故によるお支払い事例をご紹介します。

【事故内容】火の消し忘れ
揚げ物を調理した際、火を消し忘れたことにより、キッチンから出火した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
1,500,000円
【事故内容】もらい火
近所で発生した火事のもらい火により、損害が発生した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
23,000,000円
【事故内容】放火
建物を何者かに放火されたことにより、損害が発生した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
500,000円
【事故内容】ショート
コンセント内部が劣化してショートしたことにより、火災が発生した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
500,000円
【事故内容】タバコの不始末
タバコの不始末による火災。人的被害はないが、部屋一面が焼けた。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
11,000,000円
【事故内容】スプレー缶爆発
外に置いていた殺虫剤のスプレー缶が爆発し、網戸等が燃えた。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
500,000円
【事故内容】落雷
落雷の影響で、TVが映らない、ウォシュレットの電源が入らない、玄関モニター電源が入らない、浴室の照明が点かない等の損害が発生した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
500,000円
【事故内容】落雷
落雷の影響で、テレビ、インターホン、オートロックの鍵が壊れた。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
200,000円
【事故内容】台風
台風によって、屋根が破損。建物内部にも雨による被害が発生した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
700,000円
【事故内容】雹(ひょう)
降雹により、駐車場屋根に多数の穴やヒビ等の損傷が発生した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
300,000円
【事故内容】大雪
大雪により、カーポートと雨どいが破損した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
1,300,000円
【事故内容】大雨
大雨により、自宅および物置などに浸水し、損害が発生した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
7,000,000円
【事故内容】土砂崩れ
建物の裏で土砂崩れが発生し、建物に土砂が流入した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
3,000,000円
【事故内容】盗難
留守中、何者かがリビングのガラスを割って侵入し、現金や貴金属等が盗難被害にあった。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
800,000円
【事故内容】水道管凍結
屋根裏の水道管が凍結したことで、漏水事故が発生した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
2,500,000円
【事故内容】落書き
建物の外壁が、他人によりスプレーによって知らない間に落書きされた。
(子供の落書き等、単なる外観上の落書きは免責となる場合がございます。)
【損害保険金(費用保険金を含む)】
200,000円
【事故内容】車の事故
自宅にて車庫入れした際に、アクセルとブレーキを踏み誤り、車庫が損傷した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
200,000円
【事故内容】テレビ破損
物干し竿を移動させていた際、誤ってテレビに当ててしまい、テレビが破損した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
100,000円
【事故内容】食器破損
夕食の準備中、足もとがふらついてテーブルに衝突し、テーブル上の食器が全て落下し破損した。
【損害保険金(費用保険金を含む)】
150,000円
【事故内容】マンション水漏れ(個人賠償責任補償特約)
マンションに居住している被保険者が、自宅洗面所の蛇口を閉めることを失念し、階下へ水濡れ被害を与えた。
【損害保険金】
200,000円
【事故内容】自転車で衝突(個人賠償責任補償特約)
自転車搭乗中、相手自転車と接触し、相手方が怪我をしてしまった。
【損害保険金】
100,000円
【事故内容】水漏れ(借家人賠償責任・修理費用補償特約)
被保険者(入居者)が取付けた洗濯機のホースが外れ、借りている居住戸室が濡れた。
【損害保険金】
200,000円
【事故内容】排水管の漏水(建物管理賠償責任補償特約)
被保険者が所有・管理している分譲賃貸住宅の排水管の老朽化によって漏水事故が発生し、階下の家財に損害が発生した。(被保険者自身は居住していない建物での事故)
【損害保険金】
500,000円

いかがでしょうか?

今度は逆に保険金が支払われない事例をいくつかご紹介いたします。

判断に迷うケースもあるかと思います。その際には、保険会社へ事故報告をして確認してもらいましょう。

その際には、ありのままをご報告いただくことが大切です。実際と異なる虚偽の報告とならないようにお気をつけ下さい。

保険金の不正請求となり、罰せられます。

【契約内容】①
  • 補償リスク:火災、風災、水災、盗難・水濡れ等、破損等
  • 保険の対象:家財
【事故内容】
敷地内(軒下に該当しない場所)に保管していた自転車が盗難された。
【解説】
約款上、家財の定義は「建物内(軒下を含む)に収容される生活の用に供する家具、衣類、その他生活に必要な動産」となります。建物内(軒下を含む)に保管されていない自転車は、家財に該当しないため、保険金をお支払できません。
【契約内容】②
  • 補償リスク:火災、風災、水災、盗難・水濡れ等、破損等
  • 保険の対象:建物
【事故内容】
台風の大雨で、天井から雨漏りし、建物内部に被害が発生した。
【解説】
「風災」は台風、旋風、竜巻、暴風等の際の強風によって生じた損害を指し、単なる雨漏り(建物または開口部の損害がなく、劣化部分や隙間・開口部等からの雨水の浸み込み)は保険金をお支払できません。
台風によって建物内部に雨漏り被害が発生した場合は、建物または開口部に損害が発生しているかを確認した上で、有無責を確認します。
【契約内容】③
  • 補償リスク:火災、風災、水災、盗難・水濡れ等、破損等
  • 保険の対象:建物
【事故内容】
排水管が老朽化によって損傷し、床が水浸しになった。
【解説】
床の水濡れ損害は、「給排水設備事故の水濡れ等による損害」としてお支払対象になるものの、排水管の損害(給排水設備自体の損害)は保険金をお支払できません。
給排水設備自体の損害の例としては、「給排水設備の部材費」、「配管修理に付随する作業費」、「給排水設備修理のために壁や床を取り壊す費用やそれらを元に戻す費用等」があります。
【ご参考】
給排水設備自体が老朽化以外によって破損した場合は、別途「その他破損リスク」や「水道管凍結費用」等に該当するかを確認する必要があります。
【契約内容】④
  • 補償リスク:火災、風災、水災、盗難・水濡れ等、破損等
  • 保険の対象:建物
【事故内容】
大幅に水道料金が上がっていたため、建物配管の調査を実施。
老朽化した配管から漏水していたことが判明したものの、建物自体に水濡れ損害は発生していない。
【解説】
修理付帯費用は、「保険の対象に損害が生じた結果、その保険の対象の復旧にあたり発生した費用のうち、必要かつ有益な費用」に対して、保険金をお支払いします。
上記事例において、「原因調査費用のみ」が発生し、保険の対象自体に損害が生じていない場合は、お支払できません。
【契約内容】⑤
  • 個人賠償責任補償特約 付帯
【事故状況】
他人に貸しているマンション戸室の専用管の老朽化より漏水事故が発生し、階下の住民に損害が発生した。
【解説】
個人賠償責任補償特約は以下の事故がお支払対象となります。
  1. ①住宅(本人の居住の用に供される住宅)の所有、使用または管理に起因する偶然な事故
  2. ②被保険者の日常生活に起因する偶然な事故
他人に貸している住宅の管理に起因する事故は、本人の居住の用に供される住宅ではないため、個人賠償責任補償特約ではお支払できません。
【ご参考】
賃貸物件の所有、使用、管理に起因する賠償責任事故を担保するためには、個人賠償責任補償特約ではなく、建物管理賠償責任補償特約を付帯する必要があります。

このホームページは、「住まいの保険」および「地震保険」の概要についてご紹介したものです。
ご契約にあたっては、必ず重要事項説明書やパンフレット等をよくお読み下さい。
ご不明な点等がある場合には、取扱代理店までお問い合わせ下さい。

引受保険保険会社:
東京海上日動火災保険会社
取扱代理店(お問い合わせ先):
トヨタホーム岡山株式会社  
TEL:
086-941-8822

<2022年1月作成> 21-T05535